家を売る

家の査定が低くて大ショック!!でも高く売ることができたその方法とは?

 

「家を高く売りたい」「なかなか家が売れない」と困っていませんか?
そんなときは、【不動産の一括査定】サービスがおすすめ。

 

複数の不動産業者に見積もりを取ることが大事なのです。
『相見積もり』を取ること!
これが、家を高く売却し、失敗を減らす確実な方法です。

 

わが家は「1000万円 → 1190万円」と金額アップに成功しました!

 

私の売却体験記をまとめると、このようになります。

 

『相見積もりで不動産査定額アップ』画像

 

私が家を売却をしようと思ったきっかけは2点。
・子供が大きくなってきて部屋がせまくなってきたこと
・親と同居しなくてはならなくなったこと

 

しかし、家を売却して引越しをしようと考えてから売れるまでは、本当に苦労しました。
失敗もしたし、ストレスも相当たまりました。

 

細かいことは体験記に書いていますが、簡単にいうと以下のようシンプルな結果でした。

・複数の業者から見積もりをとる
・比較して価格の違いをチェックする
・一番価格の高いところかつ信頼できる業者と契約する

今から思えば、当りまえのことばかりです。
ですが、その時は目の前のことで忙しく、焦りもありました。
そして、不動産業会のルールやチェックポイントもわかりませんでした。
最初の不動産業者の言うことをうのみにしてしまっていました。
あやうく、安値で契約してしまうところでした。

 

私のような失敗経験や時間のムダはしてもらいたくないです。

 

複数の業者から見積を取ることの大事さを学びました。
家を売りたい方は是非読んで参考にしてくださいね。
 ⇒ 【私のマンション売却体験談】はコチラから 

 

 ⇒ 今すぐ無料で不動産の一括査定をしたい方はコチラから

 

家を高く売るためには『相見積もり』が必須!

 

家を高く売るためには、複数の業者に見積もりを出してもらう『相見積もり』が必須です!
1つの不動産会社だけで契約を決めてはいけません!

 

ただ、複数の業者に見積もりを取るといっても、どうやって業者選定したら普通はわかりません。
ですが、いまはネットで「不動産一括査定サービス」を利用するのが便利で一般的になっています。

 

そこで是非活用したいのが無料の【不動産一括査定サービス】です。
無料で1000社の不動産屋の中から一括査定ができます。

 

無料不動産一括査定の手順ステップ画像

 

私がとくにおすすめするのは、こちらの不動産売却専門の一括査定サイト。
 ⇒ 日本最大級の不動産売却専門サイト【イエイ】

 

一括査定サイトが選ばれているポイント

 

・かんたんに見積もり依頼ができる(最短60秒)
・完全無料である
・自分で歩き回る必要がない
・すでにサイト運営社によって、業者が厳選されている
・査定が納得いかな場合は断れる(業者へ直接断らなくてもいい)
・サイト運営社が専門知識をもった選任スタッフを用意してサポート

 

なんとすでに150万人が利用。
大手から地元密着の不動産会社など厳選された不動産業者が業界最多の1000社以上登録。
信用ができて、かつ一番高い金額で売れる業者を見つけてくださいね!
 →今すぐ無料で不動産の一括査定をしたい方はコチラから

 

一括査定できる提携不動産会社の一例(他にも多数あります)
不動産見積もり無料一括査定提携業者ロゴ画像

 

『不動産一括査定ボタン』画像

 

不動産売却で失敗したくないのでしたらまずお読みください

 

これから所有物件の不動産査定をしてもらおうと考えているあなたは、何を基準に不動産査定をするか、どこの会社に依頼しようか具体的なプランをどのように組み立てますか?

 

どこから手をつけたら良いのかわかりにくいのが不動産査定です。

 

しかし、不動産はほかの買い物とは比較にならないほど桁の大きな金額が動きます。

 

あのとき、もっと違うやり方をしていたら・・別の会社に頼んでいたら・・こんな裏技があることとあらかじめわかっていたら・・・

 

後から後悔しないためにも、不動産査定で成功するために抑えるべきツボをお教えします。

 

複数の査定を比較する

懇意な不動産業者がいると、ついその会社に直接査定を頼みたくなりますが、不動産査定の原則は複数の業者に査定してもらうことです。
一括査定のサービスには、仲介が得意で独自のパイプを持っている不動産会社が登録されているので活用しましょう。

 

売却価格の目安を自分で決める

査定を依頼した会社が売値を提示してきた時点で「相場はそんなものかな?」と思ってはダメ。
相手が言う値段ありきではなく、まず自分で売却価格の目安を決めましょう。
相手が提示する金額が自分で決めた目標価格より高いか低いかを、会社のふるい落としの目安の一つにします。

 

物件を売却すると決めたら相場感を養うトレーニングを始める

自分で売りたい目標価格を決めたとしても、実際に市場で流通している金額と大きくかけ離れていたら、希望通りの金額での売却はむずかしいでしょう。
家や土地を売る計画が浮上したら、相場観を養うトレーニングを始めてください。
利用するのは、インターネットで公開されている売却物件サイトです。

 

まず、ご自分が保有している不動産とできるだけ条件が近い物件を探します。
同じ生活圏で駅からの距離や築年数などが同じ不動産を見つけたら、その物件を定期的にチェックします。
しばらくすると、チェック開始時期より値段が下がるかもしれません。
それから数カ月たってもまだ売れないような場合は、その値段では高すぎる可能性が高いと言えます。
似たような条件の物件でも、チェックを開始してまもなく情報サイトから消えたものがあれば、その物件の価格はお買い得なのですぐ買い手が付いたということになります。
時間がかかるトレーニングですが、実際に売れる値段を知る上でとても参考になります。